ヘモグロビンa1cの数値が高めの場合は合併症を予防する努力が必要です

HOME>オススメ情報>検査で数値が高めだと指摘されたら生活習慣を見直す努力が必要です

合併症を予防するために生活習慣を改善

血液

ヘモグロビンは赤血球の中に含まれている、タンパク質の一種ですが、体内に酸素を運搬する大切な役割をしています。ヘモグロビンa1cの数値が6パーセント以上の人は、血液中のブドウ糖の量が多いため、食生活や生活習慣の改善が必要になります。ヘモグロビンa1cの平均的な数値は、どの年代でも、6パーセント以下である必要があります。6パーセントを超えてしまうと、糖尿病による合併症を併発する可能性があります。糖尿病は日本人に多い病気ですが、血糖値が高い状態を放置しておくと、心臓病や脳梗塞、失明、腎臓病などの原因になります。お米やパンなどの炭水化物を控えるなどの糖質制限も必要です。

無理のない有酸素運動を続けることも大事

薬

ヘモグロビンa1cの数値は6パーセント以下に抑える必要があるため、検査で数値が高めだと指摘されたら要注意です。糖尿病は初期段階では、自覚症状が少ないですが、少し進行すると尿量が増えたり、体重が減少してきます。体が疲れやすく、気力が減退することもあります。ヘモグロビンa1cの数値が高めの人は、ウォーキングやヨガ、ピラティス、水泳などの無理のない有酸素運動がお勧めです。糖質を抑えた食事と運動を続けることで、改善することもあります。

サプリメントを服用するのもお勧めです

血液

ヘモグロビンa1cの数値が高めだと指摘されたら、食物繊維の一種のイヌリンが含まれているサプリメントを服用するのもお勧めです。菊芋には血糖値の急上昇を抑える働きがあるので、サプリメントを続けてみると良いでしょう。健康診断でヘモグロビンa1cの数値が、6パーセントを超えている場合は、怖い合併症を防ぐために予防をすることが大事です。糖尿病を診断されている人は、内服薬を続けることが大事ですが、規則正しい朝型の生活を送ることも大事です、

広告募集中